Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOKARNA BEACH 2日目

朝から、ランニング! 500メートル程のビーチを2往復。
太陽をしっかり浴びると目が覚める。

昨日アンソニーからメールがあった。 数日前にナマステファームに行った際
にマイクロSDを忘れたのでココに送ってくれとアドレス付きでメールがきたので
ランニングしてから、ナマステファームに。 オーナーがキープしてるらしく
夕方またきてくれと言われたので、夕方またいくことに。歩いて15分程の距離だ。  朝食は泊まっている所のレストランで。 タタから教えてもらったおなじみのマセラティを飲み、バナナパンケーキに蜂蜜つきだ。150円程。

今日は30分程トレッキングし違うビーチに。 ombeachだ。 暑いので
カフェで休みまったり。 日本人ぽい人も数人見たが目が合うだけで何も話さず。
宿に戻り、今度は海に入り、浜辺でヨガっぽいことをする。 

行きつけのカフェでのんびりネットする。 ガイドブックがない為スリランカのことも調べておく。

そしてナマステファームへ。 行き際、浜辺で人の固まりを覗くと、アクセサリー
などをツーリストが販売してた。そこで日本人ぽい人と目が合う。何も喋らない笑い

夕方無事sdをゲットして、夕食をとりに宿の隣のカフェに。 シーフードグリーンカレーと水を頼んだ。ハシシ買うかと聞かれる。買わないが値段を聞いてみたら10G 2000ルピーのようだ。 ココはまずいカレーで失敗だ。  勘定ではネット代金も請求され、カレーも割り増し料金。180ルピーの所380の請求が   誰が払うか。 ウエイターの新入り従業員に値段を確認してるのに。
正規料金を払い、多少チップを渡して終わり。 INDIAだ。

宿に帰ると、ムスリムのインド人従業員が酒飲んで絡んでくる。
日本のちんぽ祭りを見せてくれと。 しかたがなくパソコンを開け見せてあげる。ホモでなくインドにも同じ祭りがあるから興味あるようだ。
安心した。

人気のゴッカーナビーチへ

今日は朝一のランニングをして、
9時半にバスに乗りこみ、ゴアを出て、みんなが勧めるgokarnaビーチに。
バスを4回乗り継ぎ、100k移動した。 以外とスムーズに乗り継ぎが出来て4時間かけてやってきた。 100ルピーちょい。180円程だった。

ゴッカーナは何個かのビーチがあるらしく、最初のメインビーチを見たとき、あまりにも普通でガッカリした。 トゥクトゥクの兄ちゃんたちに尋ねると、クダビーチとオムビーチが綺麗らしく、クダを選んだ。 オムまでは、クダから30分程歩いて着ける場所みたいだ。

クダは、小さいビーチで、ゆっくり海眺めながらカフェでノンビリするような所だった。
ゴアに比べると、物価が安いのが嬉しい。
クダビーチ

今まで忙しかったので、放置してたネットの作業にとりかかった。
26日には、スリランカ。 スリランカのことも調べなきゃいかんし、やることも多い。 旅してるけど、忙しい毎日で充実してる。

KL

翌朝
無事目が覚めた! マカラとはFacebookでやりとりしてたから、プロフィールを知っている。 から彼を見送ることに。 そして、今日は友人がミャンマー言った時に出会った、アヤさんという方が、KLに住んでるらしく、来る前から連絡をとっており、
今日会う約束になっている。 14時半~15時に会うことだったので、午前は近くのチャイナタウンで、時間を潰し、余っていたシンガポールドルをマレーシアのリンギットに替えたりした。
オアシスghで約束どおり、アヤさんが関西弁と一緒にあらわれた!
ほな、上行こうか? という言葉と共に。 実に姉御肌の方で、色々教えてもらった。 世界50ヶ国以上回ってる人だから、色んな国のことや、マレーシアの暮らしまでOPENに喋って頂いた。 夜は、飯をチャイナタウンでご馳走してもらい、明日の夜、家に招いて頂いた。 アヤさんは最近結婚していて、旦那が私と同い年で、三人で会うことに…

まさか

クアラルンプールまで、カンボジア人のMAKARAと行く事になった。
銀行員になる、トレーニングをKLでしてるようで、マラッカには休日を利用してきたそうだ。
たまたま一緒になった彼は英語が上手く、母国では英語の先生もしてる25才の青年だ。 よく喋り、また色んなことを吸収する姿勢が好感もてた。 KLについてからも、泊まる所
のオアシスghまで一緒に来てくれたので、また夜に飯を食いにいくことになった。 シャワーを済まし、30分程寝て、ゆっくりし終わってから、彼が約束通りやってきた。
すぐ近くのチャイニーズ街に行く事に。 中では屋台だらけで、道いっぱいに広がる雑貨、服、食べ物屋、または少数の売春婦たちもいる。
その一角の中華屋で飯を食い、そのあとKLCCに飲みに行った。
駅を降りたら、あのKLCCといメタル調巨大のタワーが!!
マカラ君の決めポーズを写真に収め、タワーの中のBARに入って飲むことに! アサヒが大ジョッキ1000円もする店だ。 イスラム圏ともあり、酒は高いらしい。
楽しく飲んで、帰る途中、電車が終電を迎えそうだった。 彼とは逆の方向だが、何故かホテルまで送ってくれることに。 そして送ってくれた後、バイバイしたが、
10分ぐらいしたら戻ってきて、電車がないから、泊まらしてくれと、
まさか、マカラ…

マラッカの2つの顔

マラッカ…
ド派手な花かざりをつけた3輪自転車が走っている。 それに、車の量が半端なく襲ってくる。
自分の止まってる、リトルインディアのエリア、野良犬、猫、またはゴキブリやカラスまで混沌していた。

アジアに来たんだと実感した。
しかし、宿から街の中心街に行くにつれて、ドンドン綺麗が動く、
それは川に屋形船。 そして、チャイニーズ街のナイトマーケットなど、色鮮やかな景色が広がっていた。イギリスやオランダが植民地化したことにより、大砲の跡や綺麗なチャーチや、緑の多い街だった。

滞在は2日間になり、その後クアラルンプールにバスで。 バスで何処で降りたらいいかと聞いたカンボジア人、何やらやたらフレンドリーだ。
彼とKLまで行く事になった。

Appendix

プロフィール

shingou

Author:shingou
1982年生まれ 早生まれ
自称カメラマン
主に日々の日記を綴っていこうと思います。
2013年11月1日より、写真修行の為、
世界各地からお届けします🎵

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

臣剛のお勧め♪

写真素材-フォトライブラリー
写真 素材
写真素材 PIXTA

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。